IT業界の歩き方

ITエンジニアの転職は必ずIT特化のエージェントに相談!

ITエンジニアの転職は、注意すべきポイントが数多くあります。
たとえば、

  • ブラック企業は少なからず存在する
  • 技術を大切にしていない企業がある
  • 若手ばかりでノウハウが蓄積されていない企業がある
  • 中堅ばかりでレガシーシステム化している

などなど。このような注意すべきポイントは一般的な転職エージェントでは対処できないためです。
ITエージェントの選び方は簡単で、次のポイントを抑えましょう。

IT特化のエージェント探しのポイント
  • 求人の量
  • 求人の質

しっかり情報収集して行動すれば、未経験でもITエンジニアは非常になりやすい職業です。

おすすめ【IT特化型】転職エージェント
マイナビIT AGENT
    • 優良求人の大半は非公開求人!
      トップクラスの求人数と国内最大級の実績
    • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
      求人票にはない好条件をGET!
    • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
      転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート
公式サイトはこちら
レバテックキャリア
    • 【裏技】職務経歴書の添付で非公開の高待遇求人が優先!かんたんな情報だけでもOK
    • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
    • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
    • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!
公式サイトはこちら
ネットビジョンアカデミー
    • 未経験からITエンジニアになれる!就職率は98%以上!
    • 完全無料オンライン受講可能!継続率は92.5%以上
    • 資格と手に職をつけて就職・転職を有利に!
    • 第二新卒・フリーター・ニートの方、歓迎
公式サイトはこちら
注目記事
IT業界の歩き方のサイト監修者について

IT業界の歩き方は、ITエンジニアのアキがサイト監修を行い、専門性・信頼性のチェックを行い正確な情報発信に努めております。

もしも不適切な内容や質問などありましたらお問い合わせよりご指摘ください。。

記事一覧
SEのキャリア

2022年度版!大手SIerランキング(年収)と選び方の4ステップ

年収が高くブラック企業でないSIerを探したくてSIerのランキングを知りたいと考えていませんか? もし、条件の良い大手SIerに入りたいと考えるのであれば「一流のスキルと経験が得られるか」を評価基準

続きを見る

SEのキャリア

未経験からSEに転職できるのか?難しさや転職する方法を徹底解説

ITエンジニアであるSEは常に人手が足らない職種です。 SEの年収は平均年収よりも高く、手に職が付くため仕事に困る心配は無いと言えるでしょう。 求人は減るどころか増えており経済産業省の発表ではますます

続きを見る

SEのキャリア

SEなど情報系から公務員に転職する手順とメリット・デメリットの全知識

深夜残業・土日出勤が続くと将来ずっとSEを続けられるか不安になり「公務員になれば解決されるのでは?」と考えるのではないでしょうか。 この記事では、 公務員になれるのか? 公務員になることのメリット・デ

続きを見る

SEのキャリア

未経験の第二新卒はSEになれるのか?評価されるポイントと企業選びについて解説

第二新卒から専門性の高いSEを目指すにあたり、可能なのか不安に思う人は少なくありません。 この記事では、業界未経験の第二新卒がSEに就職できるのか?SEはどのような仕事なのか?具体的な就活の方法につい

続きを見る

フリーランスのキャリア

フリーランスエンジニアになって後悔と地獄を見ないための6つの備え

フリーランスエンジニアに転身したとき、どんなデメリットが起こるか気になりませんか? 筆者もフリーランスとしての経験がありますが下記のような点が不安でした。 在宅案件はあるの? 案件はどこから紹介しても

続きを見る

SEのキャリア

SE転職の面接官を102回してわかった失敗原因とおすすめの転職先

「SE転職をしてみようかな・・・」 そう考える人は以下のような数え切れないほどの悪条件でお仕事している傾向にあります。 炎上プロジェクト 終わりのない残業 キャリアが見えない下請け作業 あなたもこれら

続きを見る

ITエンジニアのキャリア

IT転職で失敗しないために知っておくべき成功法則

エンジニアは売り手市場と呼ばれますが採用基準は下がっていません。 100人いたら96人は落ちる状況。 それなのに独りよがりにIT転職を進めます。 仮に内定がとれても ブラック企業だった 営業が強く、技

続きを見る

IT業界のお仕事

【SESの闇の実話】未経験エンジニアの私が退職を決意するまでの全て

SESの深い闇をを知りたくありませんか? 派遣法の制約を受けずにIT業務の支援ができるSESでは二重派遣に相当するような場面が多々あります。 このよう理由から「SESはやめとけ」と言われることもありま

続きを見る

SEのキャリア

SEはブラックなのか?理由ややばい企業の見分け方を徹底解説

残業・土日出社・炎上プロジェクト・・・ SEの話を聞くと「この世はブラック企業しかないのか?」と思えてきます。 ただ脅すわけではありませんが、ブラック企業は非常に多いです。 評判のよい転職エージェント

続きを見る

IT業界のお仕事

客先常駐は地獄なのか?やばい開発現場とその回避策を解説

客先常駐がやばいのか気になっていませんか? 筆者も大手SIerに7年在籍し客先常駐を3度ほど経験しました。 客先常駐とはSEやプログラマー、SESといったITエンジニアが客先のオフィスで常駐して働く勤

続きを見る

ここからスタート!転職の準備

事務職に転職成功したい20代女性必見!狙い目の職種や注意点を解説

転職先として事務を検討していませんか? 「20代女性で事務に転職したいけど成功するかな?」 「事務に転職を成功させる方法を知りたい」 「20代女性におすすめの事務職ってどんな仕事内容なのかな?」 と気

続きを見る

IT業界のお仕事

派遣エンジニアはやめとけと言われる5つの理由。IT派遣のメリットとSE派遣会社ランキングも紹介

派遣エンジニア(派遣SE)というと、ブラックな職場ばかりできついイメージがある方が多いのではないでしょうか。 筆者はIT業界に15年以上在籍し、そのうち何年かはIT派遣の派遣エンジニアとして勤務した経

続きを見る

ここからスタート!転職の準備

年代別で分かるおすすめ転職サイトの全て!

仕事が順調な方でも、一度は転職を検討したことがあるのではないでしょうか? 「給料が上がらない」「職場環境が悪い」「やりたい仕事がある」など、転職したくなるきっかけは人それぞれで違いがあります。 筆者は

続きを見る

フリーランスのキャリア

ネットワークエンジニアでフリーランスになった場合の年収相場と案件の内容を解説

以前は一部のハイクラス技術者だけがフリーランスとして勤務していましたが近年ではインフラ業界でもフリーランスとして働く人が増えています。 個人事業主として独立にあたり、案件の内容や年収相場が気になるので

続きを見る

IT業界のお仕事

【採用担当者もおすすめ】正社員の就活で利用すべき既卒就活サイト10選

既卒の就活サイトが何を選べば良いか迷いませんか? 私は10年ほど採用担当者を経験してきたため、既卒者の就活相談によくのりますが、 「既卒就活サイトってたくさんあるけど、どれを選べばいいの?」 「既卒就

続きを見る

ここからスタート!転職の準備

転職のタイミングはいつがベスト?チャンスを逃したくない方が知るべききっかけとは

転職しようかどうかとタイミング選びに困っていませんか? 筆者は約10年ほど人事を経験したため、様々な退職者・転職者を見てきましたし自分自身も数回の転職をしています。 人事的な側面から転職のタイミングを

続きを見る

ここからスタート!転職の準備

就活における自己PRの書き方を徹底解説!例文や失敗事例・他と差をつけるポイントとは?

人より強みや特徴的な経験がないと自己PRでは何を書いたら良いかと悩みますよね。 私はこれまで約10年間、上場企業の採用担当として採否を決定してきました。 書類選考してきた数だけで言えば1万人を超える就

続きを見る

ここからスタート!転職の準備

転職の面接でよく聞かれる質問とその回答例とは?面接官が質問の意図も解説

転職の面接を目前に 「転職の面接ではどんな質問をされるの?どのような回答が高評価なの?」 「面接の流れや服装・髪型・持ち物などマナーの注意点も知りたい」 「面接対策を効果的にしたい。何を評価しているの

続きを見る

ここからスタート!転職の準備

20代に強い転職エージェントはどこ?相談しやすく丁寧なおすすめエージェントを紹介

職務経歴が少ない20代に対しても丁寧に支援してもらえる転職エージェントに相談したいと考えていませんか? 20代は一番転職しやすく素直であるため担当者によっては、転職エージェントの都合で企業紹介をされる

続きを見る

SEのキャリア

「SEやめとけ」と言われる理由とは?回避策と活躍する人の特徴を紹介

「SE(システムエンジニア) やめとけ」と聞いたことはありませんか? 筆者は大手SIerに入社してSEとして働くときに下記のような感情から非常に不安だったことを覚えています。 「過労死や精神を病む方が

続きを見る

pagetop